2010年02月16日

中国籍女の共犯、二審も懲役15年=替え玉殺害−大阪高裁(時事通信)

 夫と替え玉男性計3人を殺害したとして殺人罪などに問われた中国籍の尹麗娜被告(54)=一審無期懲役、控訴=の共犯として、うち1件の殺人罪などに問われた無職越田俊昭被告(69)の控訴審判決が9日、大阪高裁であり、小倉正三裁判長は懲役15年とした一審判決を支持、被告側控訴を棄却した。
 弁護側は一審に続き、共謀や殺意を否認し無罪を主張したが、小倉裁判長は「尹被告が替え玉にした被害者を殺害しようとしていると知りながら、見返りを期待して加担した冷酷、悪質な犯行」と退けた。 

山口刑務所で20歳代の受刑者自殺(読売新聞)
ニイウスコー事件 ワンマン元会長が主導か(産経新聞)
多摩のNPO スギ伐採し製品化 花粉症対策にも(毎日新聞)
<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける(毎日新聞)
<開府400年>記念展に荒俣宏さん 名古屋(毎日新聞)
posted by タンジ トシユキ at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。